読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリーオッさんとTOEIC900の呪縛

100の記事をまず書く。100万文字。語学、育児、家事、料理、音楽、Netflix、僕というダメ人間は、書くということでマインドセットをしてきた。あえて日常に起こるちょっとしたストレスをボケたり突っ込んだりすることで、自分の気持ちが軽くなる。ダイハードのマクレーン刑事や、フルメタルジャケットのジョーカーのように、どんな状況でも笑い飛ばせる人間でありたいと小学四年生から変わらないモットー。

手羽餃子はアームストロングですか?


どうも、皆さんワッサー、ハウハブユビンメーン、ユノワラムセイン、サダムフセイン、トウキョームセーン? セインカミュカミーユ ビダーン? ジネディーヌ ジダーン? テイキリイージーブロー! おっ!かなり語学のできる人だな? とハイテンションで自信をもった態度で相手に思考のスペースを与えさえしなければ、小学生くらいは騙せるハズと思う、こちとら、バリーおっさん加齢臭対策は自家製ミョウバン水、超短小(小指のことです。ぇぇ)のロッソペロです。自分の闇をクレンジングする為に、ブログします。お付き合いいただけたら幸いです。
手羽餃子
博多食材工房 手羽先 餃子 (10本入) 今、話題の品 揚げても 焼いても 067532

一体全体、なんなんですかね? この料理は? 鳥の腕を切り落とし、上腕の骨を抜き、他の動物を轢き潰した肉と切り刻んだ野菜を捏ねたものを、骨抜き鳥の腕の皮中にパンパンに詰めて、焼くんですけど。
人間だと細身の人間の腕がスタローンぐらいにパンパンになってますよね。手羽 アームストロング ザ ステロイドですよね。
The Complete Guide To Steroids (English Edition)

気持ち悪い話はさておき、
夕食はどうしようかしら?
何となく、オネェっぽく顎に手をあてて考えてしまう。
アクアパッツァとか、(つくったことないけど、あさりとニンニクとハーブでオリーブオイルと白ワインぶっかけて白身魚を焼けばいいんでしょ? というなめた態度で魚屋を巡り、結局、アクアパッツァの響きに怖気付いてやめた)
肉屋に入り、
トンカツ、
スペアリブとか、
ハラミ、
なんかそんなんかなーと
思いつつ、手羽先を手に取り、
何故かこのめんど臭い手羽餃子を無性にたべたくなってしまった。
ファッ●ミー、ファッ●マイブレイン、と自虐しても、
私のマインドはライカロコモウティブでアンストッパブル
ウータンも唄うようにライフイズヘクテックですからと、小池都知事を真似てカタカナ語をぶち込みながらも、手羽先のパックと豚のひき肉パックを手に取り、意を決しました。
夜勤明けの昼寝時間をサクラファイスすることで、夕飯時、我が家の食卓にピースをもたらし、私は幸せにエンブレイスすることにしたのです。ユノワラムセーン、サトームセーン?
ためしてガッテンで睡眠は8時間半が望ましいとTVでやっていたので、睡眠を削って私は死ぬんだな。死んでもいいから、手羽先餃子をつくるんだなと、虚ろな目で、レジで支払いすると、「ポイントカードはおもちですかーー?」という店員の声に現実に引き戻された。

手羽先餃子の面倒なパートら骨抜くとこかな?

薄いゴム手袋があれば滑り止めになるのでするといい。

手羽先を持ち、皮の付いてないツルツルしたほうに、おやまが2つできるように、ジョイント部分を一思いに曲げる。

手羽先の肉厚の部分を持ち、上からみると、骨の断面が2つ見える。スクリームのお面みたいにも見える。ハサミでまず細い方の骨の周りの白いヒモ(腱)を切る。骨にそってジョキジョキ中の方も切る。

ちんこの皮をむくみたいに、骨を剝きだす。(おい!)
くっついている部分はハサミでジョキジョキ切る。
エイト引っ張るとすっぽり細い骨がとれる。引っかかる時はハサミで結合部を切る。

太い方も、腱をハサミで切り、チンコの皮をむくみたいにして(オイ!)、骨をスポーンと抜く。ディボーン。

作るぶんだけ骨を抜いたら、
手羽先を洗って、
酒、塩胡椒、生姜すりおろし、ニンニク摩り下ろしにつける。

餃子の具をつくる。

豚挽きの重さに対して、0.8%ぐらいの塩分になるように
味覇と塩を入れる。味覇は小さじ1で塩1.9g分ぐらい。
ひき肉300g に対して塩2.4gぐらいが適量だから。味覇小さじ1と、塩少々。

コネコネ。

白菜好きなだけみじん切り、塩もみ放置。

白菜の水分を少し切り、胡麻油であえて、
コネたひき肉と混ぜ合わせる。ニンニク、生姜を好きなだけおろして入れる。

30分寝かす。自分も昼寝する。

iPhoneにおこされーる。
手羽先に餃子の餡を詰める。
シュウマイつくふみたいに、左手に手羽先もって右手で餡を少しはみ出るぐらい詰めてく。好みで。
少し強めに塩胡椒して、カタクリをまぶす。


オープン庫内を230度に余熱しておく。

天板にクッキングシートをしき、手羽餃子を等間隔で並べる。クッキングシートの四すみをよじって、油がこぼれないように箱状にする。
胡麻油を満遍なくかけてオーブンで、25-30分やく。


少し焼きが甘かったのでフライパンで皮をやく。

手羽餃子と僕
手羽餃子に出会ったのは高校生のころ、バイト先のチーフに仕事終わりに夕食がてら居酒屋さんに連れて行ってもらった。マリオみたいなおっさんが頼んだ、チーズ揚げと共に遭遇したもので、見た目はチキン、中身は餃子という、肉イン肉という性行のような(おい!)、下品極まりない食べ物(おい!)に神への冒涜のようと興奮した。口にしたら、ナント想像通りの味でバカバカしくて肉肉しいことか!!
「これを考えた奴超アホだわ。肉に肉入れてんだもん。
アホ」と思った。10代だからだろう。
チーズ揚げも、チーズを餃子の皮にまいて揚げた想像通りの味で、「これ考えた大人、超アホだわ。チーズ揚げてんだもん」とガキじゃあるまいし、肉に肉入れるとか、チーズあげるとか、子供のやったらお母さんに怒られるけど美味いやつ的なの考えて売ってる大人って馬鹿なのか?と思った。ティーンだったからかな。
時が経ち、あの頃のマリオおっさんより歳をとった今でも居酒屋で見かけるとオートマティックにチーズ揚げと手羽餃子は頼んじゃう。どちらもたまに家で作る。
大人になり、色々成長した僕は、改めて手羽餃子を見て思う。
これ考えた奴、やっぱりアホ(オイ!)味も予想通り。
なんだけど、好きなのね〜。
わかりやすいっていいことだ。
ユノワラムセーン。

お付き合い頂きありがとうございます。