バリーオッさんとTOEIC900の呪縛

100の記事をまず書く。100万文字。語学、育児、家事、料理、音楽、Netflix、僕というダメ人間は、書くということでマインドセットをしてきた。あえて日常に起こるちょっとしたストレスをボケたり突っ込んだりすることで、自分の気持ちが軽くなる。ダイハードのマクレーン刑事や、フルメタルジャケットのジョーカーのように、どんな状況でも笑い飛ばせる人間でありたいと小学四年生から変わらないモットー。

特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

Breaking Bad 

特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

【PR】海外ドラマ、見たくなったら ⇒ Netflixは1ヶ月無料体験

 

Netflixで最高なドラマを見たいなら、

Breaking Bad を見て欲しい。

行き詰まりを感じているなら、

最近、命を持て余しているなら、

つまんないオッさんになったと思うなら、

 

ミスターホワイトの人生の特別授業をお勧めしたい。

 

 

 

 

 

冒頭からパンイチ親父が荒野を疾走。

あまりのテンションで、私は何か怖くなって

見るのをやめたいた。

それでも、知り合いの勧めで、

絶対見てくださいと、言われて、

そんなことが、二回もあって、

そんな言うならともう一度見始めた。

 

 

ドラマはゆっくりと運命の歯車がおかしな方向に回り始め、

ビッグマシーンは動き出す。

確かに止まらん。

一気見。

満腹。

そして、ロス。

これぞNetflixの真骨頂。

一気見して、ロス。

もうドラマなんてみない。だって、終わったら寂しいんだもん。。

 

まず、4話を好きでも嫌いでも見て欲しい、

本当に最高なんだから。

 

余命あとわずかと宣告された科学教師、

家族のために短期間でメイクマネーする為に、元教え子と、覚醒剤を精製するのだが、

次第に、麻薬捜査官、ギャング、カルテルを巻き込み、失速することなく、回転数を上げ続けて、5シーズンをぶっ飛ばしていく。すげぇから。

 

 

悪い奴を応援したくなる。不思議な愛嬌。

悪いビジネスに真面目な高校教師が、

抜群の知能を注ぎ、

背水の陣からとてつもない胆力を発揮する。

 

キャラが曲者だらけで

うまうま。

味顔にウマ演技。役者陣が秀逸。

 

ストーリーは自分で確かめて欲しい。